みやしたキッチン

2012.08.20更新


本日のごはんより「わかめとモチキビの炒め物」をご紹介します。(写真右下です)

1)わかめ 水に戻しておく。(戻して絞って100gくらいでしょうか...分量はお好みです!)長いわかめなら適宜切る。

2)もちきび 1/2カップを、洗って、裏ごし器など目の細かいザルで水を切る。(キビはとても小さいので、普通のザルだと流れてしまいます(:_;)

3)鍋に、水1カップと塩ひとつまみを沸かす

4)沸いたら、洗ったモチキビを入れて、混ぜながら水を吸わせる。大体水を吸ったら、蓋をして弱火で15~18分。炊きあがったら、混ぜておく。(このままでもおいしいですよ!)

5)1)のわかめを、多めの油で炒める。

6)5)に4)を加え、モチキビを崩しながら炒める。

7)塩や醤油で味をつけて、出来上がり♪

塩蔵わかめを使うと、初めから味が付いているのでなかなか便利です(^-^) わかめは美味しいものを使うと美味しくできますよ(当たり前ですが...)助産院では、北海道産の塩蔵わかめを使用しています。

わかめとモチキビの分量は、お好みですので、いろいろ試して「家族の味」を見つけてくださいね。

ではまた~

調理スタッフ より

投稿者: みやした助産院

2012.08.17更新



暑い日が続きますね。今日のスタッフご飯です。

豆腐のモロヘイヤ・シメジ和え、なすとピーマンの味噌炒めなど、夏っぽい感じですね~。

今日、皆様にお伝えしたいレシピはこちら!!

⇒ 「野菜のテキトー浅漬け」(写真一番手前のもの)

なす、きゅうり、玉ねぎ、みょうが、長いも等をさいの目切り(8ミリくらいかな...)
深皿に入れる
醤油を野菜全体の半分量くらい入れる

以上です♪2時間ほどで美味しく漬かります。

漬け汁の醤油は、何度か使えますが、味が薄くなったらそのまま料理(炒め物や煮物など)にお使いください。

これがあれば他のおかずは要らないほど、「飯泥棒」な憎いヤツです(笑)冷蔵庫にあると心強いですよ。なくてもすぐに作れます。

是非お試しください

大事なポイントは、美味しい醤油を使うこと!
シンプルな材料でできた、天然醸造の本物の醤油を使うと、間違いなく美味しいです。

母親学級のランチでも、「調味料はいいものを」とお伝えしています。野菜やお米などのグレードを上げると、結構家計に響きますが、調味料なら使う量も知れているし、ご家庭の料理も格段に美味しくなりますよ。

体にいいもの=おいしいもの、という味覚は、健康を守ります。子どもが自然とそういう味覚を身に付けるように、家族のお守り代わりに「良い調味料」をぜひ!

投稿者: みやした助産院

2012.08.17更新

暑い日が続きますが、みなさん夏バテしていませんか?
こんな時こそしっかり食べて元気キープしてくださいね!

お盆もお休みなし!助産院メニューは
・高菜ご飯
・お豆腐と油揚げのお味噌汁
・きくらげとピーマンのきんぴら
・なすの素揚げポン酢合え
・キュウリとワカメの梅酢サラダ
・おやき

です。


今日はこの中から、「きくらげとピーマンのきんぴら」をご紹介します!

① きくらげは水で戻す。
② ①とピーマン、油揚げを千切り
③ ごま油を熱したフライパンで軽く炒めたあと、だし汁、みりん(あるいはお砂糖+お酒)を加えてしばらく炒め煮する。
④ お醤油で味を整え、すりごまを混ぜて出来上がり!

みなさんぜひお試しあれ〜

投稿者: みやした助産院

みやした助産院 完全 予約制045-231-1788 電話受付時間は 月曜~土曜の 9:00~17:00 〒232-0002 横浜市南区三春台126 受付時間 9:00-12:00 13:00-17:00 ※午前は外来・午後は臨時外来 ※休診日:日曜 メールでのお問い合わせはこちら
みやした助産院 完全 予約制045-231-1788 電話受付時間は 月曜~土曜の 9:00~17:00 〒232-0002 横浜市南区三春台126 受付時間 9:00-12:00 13:00-17:00 ※午前は外来・午後は臨時外来 ※休診日:日曜 メールでのお問い合わせはこちら
  • tel_sp01.png
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 産後のサポート
  • ぽかぽかほいくえん